中国二期会主催
 講演会「イタリア語台本の韻律と楽曲解釈例~基本事項と応用~」

 中国二期会では、昨年の8月に、平野満先生の講演会「フィガロの結婚を中心題材に、イタリア語台本に見られる韻律からの演奏・作品解釈」 が開催されました。講演会は大変好評で、二期会会員・準会員の皆さまへ、再び研修の機会ができればと思い、第2弾を企画いたしました。昨年ご参加くださいました方々、新しくご参加いただく方々にも興味深く、幅広い内容になっております。ご参加いただければ幸いです。

講 師 平野 満氏
日 時 2017年3月26日(日) 15時~17時30分
会 場 岡山大学教育学部音楽北棟(N66) 演奏ホール(3階)
会 費 無料

申し込み・お問い合わせ先:中国二期会事務局宛

〒700-8530 岡山市北区津島中3-1-1 岡山大学教育学部虫明研究室気付 
TEL・FAX:086-251-7648 E-mail:mushiaki@okayama-u.ac.jp
※申込は、別紙申込用紙を使ってください。メールの場合は、申込用紙の内容をご記入ください。

プロフィール
 平野 満(マエストロ・ソスティトゥート)(※)

東京都出身。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。イタリア・トレヴィーゾ市立劇場にて、マエストロ・ソスティトゥート部門で優勝。同年、ジャンニ・ベルトラーミ賞を受賞。以来、同劇場のピアニストを勤める。また、ヴェローナ円形劇場に於いて技能認定を授与される。日本では、新国立劇場オペラ研修所、北海道二期会、中国二期会、西日本オペラ協会、そして現在は、ひろしまオペラ音楽推進委員会に於いて、JMSアステールプラザ舞台芸術専門員としてオペラ制作に携る。
(※)劇場ピアニストのチーフ、副指揮も担当する。

<平野先生よりコメント>

この度も前回(昨年8月末)同様に、イタリア語台本の韻律を中心に、イタリア詩が有する詩行の世界と、作曲との結びつきを紹介させて頂ければと思います。この度初めて御参加くださる方も、前回御参加くださった方へも、解釈する面白さ、演奏する喜びを増幅して頂けるよう、努めて参ります。お手数ですが、「フィガロの結婚/W.A.Mozart」 のヴォーカルスコアをお持ちになっていらしてくださいませ。


CHUGOKU  NIKIKAI  OPERA  FOUNDATION